遺言・相続

親族の方が亡くなられ悲しみに暮れていらっしゃる時に相続問題は発生いたします。お辛い時に遺産分割等慣れないことを手探りで進めるため困惑してしまう方が多くいらっしゃいます。
また、自分自身が他界した後に親族間の相続争いを避けるため、どの様にしたらよいかお悩みになられている方も多いかと思います。

 

しかし、当事務所にご相談にお越しいただく際には、相続人の間での話し合いで決着がつかず、取り返しがつかないほど揉めに揉めてしまって、ご相談に来られるケースも目立ちます。その様な方のお話しを伺っていると「うちは仲が良いから相続問題で争いになんてならないと思っていた」と仰ります。

 

これまで仲の良かった家族が相続問題によって感情的にこじれ、長年口も聞かない、顔を合わせても話もしないなんて話も聞きます。

遺産相続争いを避けるために

遺産相続争いを無くそうとする場合、事前に遺言書を残しておくのが有効な解決法となります。
遺留分という制度もあり100%ご本人の希望が通るとは限りませんが、可能な限り希望をかなえる方法をアドバイスさせて頂きます。

相続が発生してしまった場合は、どの様に対応するのが最善かは状況によって異なります。
また。予期しなかった財産、借金の相続も発生することもございます。当事務所で借金の有無に関して調査させていただきます。

 

相続問題は弁護士に依頼することで、正確かつ効率的に目的を実現することができます。
まずは、お気軽にご相談ください。

無料相談のご予約メールでのご相談予約はこちらご相談の流れはこちら

Contents menu